2通りの言い訳がある。そして良くない言い訳には、良くない結果が

言い訳には2種類ある

結論からいうと、自分のためになる言い訳と、自分のためにならない言い訳の2通りです。

読者のみなさんも言い訳した経験の1つや2つはあると思います。

そのときの言い訳は向上心からくるものでしたか?
それとも保身のためのものですか?

その違いがわかってさえいれば、言い訳をしてもいいと思います。
保身のための言い訳はおすすめしません。

良くない言い訳

1度ついた癖は直すのが非常に困難です。
さらに、歳を重ねるごとに言い訳が上手くなるので困ったものです。

 

『他人に対して言い訳をするという行為は、自分にも言い訳をしている』という大きな問題に、1日でも早く気づいて欲しいです。

一方、向上心からくる言い訳は『もっと言い訳しなさい』と言えるほどおすすめはできませんが、保身のための言い訳よりはずっと良いです。

向上心からくる言い訳とは?

「なぜ、それをしたか」というものです。

良い言い訳

言い訳をされたほうから見ると、どちらも同じ言い訳に感じるかも知れませんが、
「しなかったこと」への言い訳は、時の経過とともに後悔へと変わってしまいます。

しかし、「したこと」への言い訳は、心を豊かにし、人生をも豊かにしてくれます。

一見するとその違いがわからない人もいらっしゃるでしょう。

最後のまとめ

「良くない言い訳」と「良い言い訳」を記事にしましたが、書いている意味がわかれば自分にも他人にも言い訳をしないようになります。

そして、自分を誤魔化すような言い訳を繰り返す人は、良くない結果しか得ることができません。

読者のみなさんに気づいて欲しいという思いがあり、私が書いているブログでは核心部分には触れていません。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty