何にでもベストなタイミングがあるのをご存知ですか?

「あぁ…またタイミングを外しちゃった…」という経験はありませんか?

それは、誰もが起こしうる“ちょっとした判断ミス”ですが、「そのちょっとした判断ミスを少しでも減らしたい!」という方のための記事です。

1日に何回の決断をしてますか?

答えを先に書くと、『私たちは1日に約1万回の決断をしている』って知ってました?

「え〜、そんなに決断してないよ〜」という方もいらっしゃるでしょう。

朝、何時に起きるか?
決めた通り起きるか?
朝ごはんは食べるか?
何を食べるか?
着る服は?
何時に家を出るか?
靴はどれにしようか?
省略して書いてますが、その間にも色んな決断をしてます。

その決断の連続が積りに積もって1日に約1万回の決断をしているわけです。

仕事で決断、家事で、付き合いで、遊びで、それらの決断が1万回となると疲れるのは当たり前なのかもしれませんね。
それを“決断疲れ”と表すこともあります。

決断疲れをしていてはベストなタイミングを見落としてしまいかねません。

何事にもあるベストなタイミング

進路、進学。
就職、転職。
結婚。
住まい、引越し。
これらは、人生において大きな決断を迫られる場面です。

すべてにおいて“今ここ!”というベストタイミングが存在します。

そのタイミングを外してしまうと、“第2位以下のタイミング”になってしまいます。

ベストタイミングを外して第2位のタイミングやそれ以下のタイミングを掴まないように見極める力が求められます。

ただ、このタイミングを見極める力を養う方法は、本にも書いてませんしネットにも出てません。

人によっては数を重ねて経験値を上げるのもいいでしょうし、内観で本質を知るのもいいでしょう。
ただ言えるのは、日々を忙しく過ごしていては見極める力は養われないということです。

ベストタイミングを外す人の特徴

“ここ”というベストタイミングを上手にキャッチして大きな波に乗る人が多くいる反面、いつも乗り遅れグダグダになる人も多くいます。

乗り遅れてグダグダになると、次に来る大きな波に乗るのが怖くなってしまい、結局は波にも乗らないままスルーしてしまいます。

ベストタイミングを外してしまう人の特徴
① 考え方がネガティブ。
② 人をあまり信用していない。
③ お金を出すのを渋る。
④ 自己投資という概念がない。
⑤ 行動力がない。
⑥ 現状に満足してしまっている。
⑦ 周りの空気が読めない。
⑧ 決断力がない。優柔不断。
これら8項目のうち1つでも当てはまる人は要注意です。

 

次に、目には見えないメンタル面でベストタイミングを外してしまう人の特徴を挙げます。

メンタル面でベストタイミングを外す人の特徴
❶ 向上させまいとするインチャイの作用。
❷ 内観が不足している。内観ができない。
❸ 潜在意識が顕在化されていない。
細かな事柄を挙げるともっとありますが、代表的な事柄だけで3項目です。
❶に関しては、インチャイを解放するしか方法がありません。

まとめ

「2度とタイミングを外したくない」
「次に来るベストタイミングは何としても掴み取りたい」という方。

小さなカウンセリングサロン cocoro-style(当サロン)では、ベストなタイミングを掴み取り大きな波に乗る方法をカウンセリングにてお教えしてます。

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty