カウンセリング開始時刻と時間、集中力との密接な関係

カウンセリング開始時刻

クライアントさんに余程の用事がない場合を除き、小さなカウンセリングサロンcocoro-styleではカウンセリングの開始時刻を午前10時に決めさせていただいてます。
もちろんですが、カウンセリング開始時刻を決める権利はクライアントさんにあることは言うまでもありませんので、事前に予定がわかる方には先2週間から1ヶ月ぐらいの予定をお聞きしています。

カウンセリングを午前10時に開始する理由

寝起きから午前中、その中でも午前10時前後の集中力が最大に高まるというデータがあるからです。
『カウンセラーとしての経験則で、カウンセリング開始時刻は午前10時が最も効果的』

仕事でもスポーツでも午前中に行うことで最大の効果を得ることができるんですよね。
あと、夕方の仕事終わりの直前1時間も集中力が高くなり作業効率が良くなると言われています。
朝は気持ちもいいですし、仕事が終わりに近づくとテンションも上がりますから当然といえば当然かも知れませんね。

その集中力が高まる時間の中でも私は工夫をしています。

カウンセリング所要時間

他のカウンセラーがどういった理由で決めているかは存じ上げませんが、1回のカウンセリングが1時間単位というケースが多く見受けられます。

当サロンも最低1時間のカウンセリングで、最大でも2時間までの範囲(出張カウンセリングは除く)で承っています。

1回のカウンセリングを1時間単位にしている理由

集中力を持続できる時間は、せいぜい10分から15分程度と言われていますので、15分間の集中カウンセリングと、5分間のカウンセリングっぽい雑談、トータル20分を3セット行うためです。
2時間のカウンセリングでしたら20分を6セットすることになります。
『カウンセリングは20分サイクルの倍数が最も効果的』

15分間、集中力を発揮する。
5分間、高まった集中力をクールダウンさせるためにカウンセリングっぽい雑談をする。
カウンセリングっぽい雑談とは、カウンセリング内容の本筋は外さないよう、かつ、本筋から離れすぎないよう細心の注意は怠っていませんのでご安心ください。

カウンセリングにおける時間と集中力の密接な関係のまとめ

カウンセリングの開始時刻を10時に決めさせていただいている理由と、1回のカウンセリング時間を1時間単位で承っている理由はご理解いただけたと思います。

私がカウンセリングを行う前に必ずやること

① ファイル作成
話しの組み立てとシミュレーション
30分間の瞑想
特に②と③はカウンセリング前のルーティンですので欠かせません。

念のために書いておきますけど、ただボォっと時間から時間まで作業のように話している訳ではありませんから、笑。

ですから、お互いが”おはよう”の挨拶を済ませた後は、用意していたノートとペン、ボイスレコーダーなどを取り出し、カウンセリングに集中していただければオーケーです。
※ボイスレコーダーを利用される場合は、事前に必ず申し出てください。常に配慮はしていますが、話しの流れで、個人名は決して出しませんが他のクライアントさんの話しになるケースもございますし、特定の地域名などが出ることも考えられますので事前に必ず申し出てくださいね。

 

話しが逸れそうなので戻します。

15分間の集中カウンセリングと5分間のカウンセリングっぽい雑談、トータル20分間のサイクルで、私はカウンセリングを行っています。
クライアントさん自身がそのサイクルを気にかける必要は一切ありませんのでご安心ください。

この20分のサイクルは、クライアントさんにとって大切なものですが、私にとっても大切です。

なぜ、わざわざ枠に囲ってまで上に書いたかというと、たまに話し好きなクライアントさんのペースに呑まれそうになって、半ば強引にカウンセリングの本筋に話しを戻すことがあり、『不快な思いをされてる方もいらっしゃるかも』と思っただけですので気にしないでくださいね。

最後のまとめ

カウンセリングで私が発する言葉には、好転(卒業)への大きなヒントが必ず込められています。その言葉を一言一句、書き留めて何度も何度も読み返すのも、ボイスレコーダーに録音して何度も何度も聞き返すのも、どのような手段でも構いませんので何かしら学んでいただければ嬉しいです。

『1時間のカウンセリングとカウンセリング料金、カウンセリングにかかる諸々のお金、時間、どれも大切なものです』

カウンセラー任せな気持ちで「カウンセリング受けてるから好転できるかな?」ではなく、「わたしのこれからの人生は、この1時間のカウンセリングで決まる」という必死さをもってカウンセリングに臨んでいただければ好転はすぐそこです。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty