誰もが持つチカラ、それはクレアセンシェンス。別名、超感覚

超感覚といっても、特別な能力ではない

人間が持っている力の1つに『超感覚』があります。

一般的に【クレア】といわれている能力です。
わかりやすく現すと【サイキック能力】のことです。

そのクレアは大きく分けると、クレアボイヤンス・クレアオーディエンス・クレアコグニザンス・クレアセンシェンスの4つがあります。

それぞれ何の感覚かについてかは今回は書きませんが、1つのクレアに特化して書きます。

クレアセンシェンスとは何か?

今日のテーマでもある『超感覚』を表す【クレアセンシェンス】について書いていきます。
クレアセンシェンスが意味するものが、超感覚となります。

もう1度、念を押しておきます。
『そのチカラの強弱に関わらず、超感覚は誰もが持つ能力』ということを忘れないでください。

クレアを開花させる方法は本筋から逸れるため今回は書きません。

それでは本題に戻り、誰もが持つ超感覚(クレアセンシェンス)について書きます。

 

「この道、なんとなく嫌な雰囲気だなぁ……」
「ここの神社はパワーがもらえそうだ!」
「これ習ってみたい!」
「ただ漠然とだけど、なんかハワイに行きたい」
「良さそうな人だ!」「悪そうな人だ……」というもので、原因まではわからないにしても、なんとなく気になる(なんとなく気にかかる)という感じ(感覚)です。

そういう感じ(感覚)になること、誰にでもありますよね?
それがクレアセンシェンス(超感覚)というものです。

そしてその感覚は、まず当たってると思って構いません。
なぜならば、それが直感だからです。

しかし、「わたしの感はだいたい外れるから、笑」という話しをよく聞きます。

なぜでしょうか?

超感覚の正体は何か?

超感覚の正体は潜在能力です。
私は日頃から『潜在能力の選択に間違いはない』と言っています。

「なぜ潜在能力の選択に間違いがないのか?」
それは『すべての答えを潜在能力は知っているから』と答えています。

なのに、外れるんです。
不思議に思う人もいらっしゃるでしょう。

『潜在能力は間違った答えを選びません』

その直感が外れる原因は何なのか?

間違った選択をする原因は『顕在意識』なんです。

間違った選択をしてしまう原因は顕在意識と書きましたが、その顕在意識の中でも厄介なものがあります。

「みんなが……」といった、一般常識
家族をはじめ周りからの刷り込まれた、世間体
今世での経験則、あるいは失敗談を聞いたという、心の闇

その3つです。

言い換えれば、その3つを失くすことができれば、失敗しない人生を送れるわけです。

そしてその3つを失くす(解放)する方法があります。

『一般常識を覆す』
『世間体を覆す』
『心の闇を解き放つ』
これが究極かつ、手っ取り早い方法です。

最後のまとめ

『自分が一般常識と思ってることは、決して一般常識ではない』ということ。
『世間体はあくまでも世間体で、自分の身近な世間体でしかない』ということ。
『過去の経験則は1つの学びと捉え、未来への恐れに繋がりかねない失敗談はスルーする』ということ。

上に書いた3つの基本(本質)がわかれば人生はより豊かになります。

 

『好転させる1番の近道は、一般常識と世間体を覆すことです』

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty