エネルギーワーカーとライトワーカーの役割

ワーカーとは?

俗にいわれるエネルギーワーカーもライトワーカーも基本的には同じ解釈をされて構いません。
最近では、スターシードなんて言葉もチラホラと耳に入ってきます。
もうこうなると、「綺麗でいかにも神秘的な語彙を使いさえすれば!」という裏の面が見えてきます。

ワーカーの役目は、人を幸せにするサポーター

それは大きな勘違い

かつては私のワーカー仲間にもいましたが、どうも何かと勘違いしているワーカーが多くいます。

「みんなの力を合わせて地球を癒しましょう」とか
「みんなでどこそこの被害者を一斉にヒーリングしましょう」とか
「原発事故で起きた放射能漏れをヒーリングで除染しましょう」とかも。

あり得ないことです。
地球自体に波動があり、私たち人間にも波動があります。ひいてはあらゆる物事に波動はあります。

しかし、残念ながら私たち人間が何人集まろうと地球を癒せるほどの波動はありません

確かに、ワーカーは素晴らしい存在かも知れません。
霊的なステージが高いのかも知れません。
私が知らないだけで、地球を癒す方法があるのかも知れません。
※しかし、私が内観で得た情報の範囲では、地球を癒すことはとても不可能です。さらに被害に遭われた人を一斉ヒーリングとか除染も不可能です。

最後のまとめ

『ワーカー(エネルギーワーカー、ライトワーカー)さん、自覚と責任を持った行動を』

「相手には見えないから何でもあり」という浅はかな考えをせず、「相手には見えないからこそ」という強い信念と責任を持って行動して欲しいと思います。
それがワーカーとしての務めではないでしょうか。

厳しい内容のブログでしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty