ファイルの重要性と読むときの注意点

カウンセリングの際にファイル(ドキュメント)をお送りしてるんですが、その重要性と読み方がイマイチわかっていないクライアントさんがいらっしゃいますので注意点をまとめておきます。

今回の内容はクライアントさんをターゲットに『ファイルの重要性と読むときの注意点』というテーマで書いていきます。

ファイルの重要性

お送りしてるファイルは読み方によってはかけがえのない“財産”にも“宝”にもなります。
しかし、読み方によっては“ただの紙切れ”になってしまいます。

“財産”にするか“紙切れ”にするかはクライアントさんの読み方で大きく変わってきます。

『クライアントさんがどうすれば好転するか?』ということに基づいてクライアントさん毎に内容も変えてますし、課題などがある場合は難易度も変えていますので、誰にでも効果が出るといったものではありません。
私の勝手と言われればそれまでですが、ファイルを作るとなるとクライアントさんの波動にアクセスをするところから始まりますので、1つのファイルを仕上げるのに3時間は優に超えます。

それだけの時間をかけて作ったファイルが“財産”になれば救われるんですが、“紙切れ”になってしまうとそこにはただただ後悔しかありません。

ファイルを読むときの注意点

いつ、どこで読もうとクライアントさんの自由といえば自由なんです。

さらに、ファイルに何を書き込もうとクライアントさんの自由です。
ファイルには余白がありますから、ファイルを読んで心に響いたところや自分に足りないもの、カウンセリングで「ここだけは改善しよう」と思ったことを書き込めばいいんです。

それがやがて財産になります。

 

私の気持ちは『もっと真剣にファイルを読んで欲しい』ですが、空き時間に読んだり、何かの片手間に読んだり、中には信号待ちのときに読むクライアントさんもいらっしゃるのが現実で、少し悲しくなってしまいます。

マンガを読むときでも、続けさまに読んでも2回目は面白さが半減しますよね?
ファイルもそれと同じで、1回目にどれだけ真剣に読むかで内容の入り方が大きく変わってきます。というより、ファイルは1回目の読み方で決まると言っても過言ではありません。
1回目に読むときに流し読みをしたり、空き時間に読んでしまうと、2回目に読むとき「さっきも読んだから」という心理が働き、あまり頭に入らなくなります。
そうなると、流し読みをした1回目、「さっきも読んだ」という心理が働く2回目、どちらも頭に入ってくることがなくなり、ファイルがただの紙切れになってしまうパターンで終わってしまいます。

3時間かけて作ったファイルがただの紙切れになるんですよ…。
残念以外の何ものでもありません。

ファイルに書いてあること

私が作るファイルには1から10まで、手取り足取りには書いてません。

これは多くのクライアントさんに共通していることなんですが、ファイルに書かれてる文字や文章だけを見て、短絡的に判断してしまうことがあるので、“行間を読む”練習を兼ねてます。

割合にすれば、実際の文字や文章が6割で、行間が4割といったところでしょうか。ファイルによっては行間が9割を占めることもあります。
ですから文字や文章にしか目がいかないクライアントさんは6割のことしか学べません。

行間を読めるようになるには練習を重ねるしかありません。
読む練習と聞く練習、書く練習と発信する練習。これを重ねていくことで行間に目がいくようになります。

とは言え、行間を読み取るよりも、まずは真剣に、ファイルが自身の“財産”となるよう腰を据えて読んでいただければ幸いに思います。

『ファイルの重要性と読むときの注意点』まとめと総括

何度も言いますが、ファイルを作るのに大切な時間が3時間もかかります。

そのファイルを“財産”“宝”にするのか、ただの“紙切れ”にしてしまうのか、すべてはクライアントさんの読み方1つで決まります。

ご自身の望んだ好転を目指すなら、インチャイワークや内観もそうですが1日も早いマスターを目指すなら、もっと丁寧に、かつ真剣にファイルを読む時間を設けることを強くおすすめします。

何よりもそれがご自身のためでもあります。
カウンセリング時間の短縮と、カウンセリング費用の節約にも繋がりますからね。

ファイルを読むときの気持ちと姿勢(心構え)が大切です。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty