現実に目を向けると、そこには多くの学びと気づきがある

今回の記事は、寄せられた質問をもとに集中内観で得た答えと私の見解を交え『現実に目を向けると、そこには多くの学びと気づきがある』というテーマで書いていきます。

寄せられた質問の内容は、「どうしてわたしはあまり成長しないのか?」というものです。

成長してるか?自覚するのは難しい

「自分がどれだけ成長してるか知りたい」
「わたしがカウンセリングを受けるようになってからどれだけ好転してるか教えて欲しい」というご質問が多く寄せられます。

成長メーターなるものでもあれば一目瞭然なんでしょうが、残念ながらそういったメーターはありません。

そもそも、自分の成長を自覚することは意外と難しく、周りの人から「最近どことなく変わったね」と言われることが自覚に繋がることのほうが多いです。

ですから、自分の成長を知りたければ、自覚より他覚だということを覚えておいてください。
この場合の他覚とは、ご家族、友人、同僚など、自分以外の人すべてを指します。

しかし、仕事の都合などで人と接する機会が少ない方になると、他覚どころではありません。
そういう方は、別の手段で成長を知る方法があります。

自分をデータ化することの大切さ

よくご存知の方もいらっしゃいますが、私は“メモ魔”です。
ことあるごとにその魔力を発揮します。もともと物事にあまり執着しない私は誕生日や記念日は当たり前のように、大切な約束なども平気で忘れてしまい過去には大きな失敗もありました。
そんな私の力強い味方が“1冊の手帳”でした。

サラリーマンになって『とりあえず、“メモしてるフリ”だけでもしておこう』と気軽にメモり始めたんですが、それがキッカケでお客さんの信頼を得ることができたり同僚の信頼を得ることができ、気づいたときには“メモ魔”になってました。

私が手帳に書いてた事柄。

=手帳に書いてた事柄=

その日の出来事をことあるごとに。
刺さった言葉。
今日中にすること。
食べたものと店と値段。
買ったものと店と値段。
顧客とのアポイント。
家族、友だちとの約束事。
交通手段と移動費。
今日の営業活動。
観た映画と観たい映画。
他にも書いてましたが覚えてることだけ書きました。

このようにメモっていくだけで、『もう忘れることはない』という変な自信がつき、この自信が相乗効果を成し、結果として「藤原は律儀で真面目で安心して任せられる」という評価を顧客と同僚からいただけました。

 

自分の話しが長くなりましたので戻します。

「自分の成長を知りたい」という方にはメモすることをおすすめします。
というか、カウンセリングを始める前に、『先で振り返るため必ずご自身のことをデータ化して残しておいてください』とクライアントさんにはお伝えしてるんですが、あまり刺さってなかったようで少し残念でもあります。

自分自身を客観視するためにデータ化することは大切で、それはいずれ大きな味方にもなってくれる最高のツールでもあります。

「きっちりデータ化はしてるし、周りの人からの言葉にも耳を傾けてるけど、イマイチ自分の成長度がピンとこない」という方も現にいらっしゃいます。

そいう方におすすめする最強のツールがあります。

マインドフルネスを生活に取り入れる

マインドフルネス”という言葉をご存知ですか?


=マインドフルネスとは=

意図して自分の気持ちを“今この瞬間”に向け、あるがままの現実を知覚することです。
“今、この瞬間”を大切にする生き方のこと。
マインドフルネスの実践方法であるマインドフルネス瞑想は、医療や福祉の現場でも取り入れられています。

最近では欧米各国でも取り入れられるようになり、大企業などでも“マインドフルネス瞑想”を積極的に取り入れてるそうです。

 

マインドフルネスの方法は簡単そのもので、「“今この瞬間”、自分がおかれてる状況を知ること」だけです。

私たち人間は、現実を知ることで人は多くのことを学び、多くのことに気づかされます。

未来を追いかける人。
夢を追い続ける人。
しかし、「人生は思い通りにならない…」と嘆く人が少なくないのが現状です。

その原因はどこにあるのか?

人生が思い通りにならない原因

「自分の人生の未来は明るい」
これは誰もが思うことで、またそれは事実でもあります。

事実なのに思い通りにならないことのほうが多い気がしませんか?

なぜか?

 

未来は必ず訪れると思ってませんか?
明日も普通に目覚めると思ってませんか?

明日も未来も、“今この一瞬”の積み重ねの連続であるということを忘れてませんか?

 

“今この一瞬”は現実なわけです。

その現実を見ようとしないから未来が思い通りにならないんです。

「現実逃避をしてしまう人に未来はない」
「現実から顔を背け、現実に背を向ける人に幸せはやってこない」などなど、多くの方が発信してらっしゃいます。

「そんなことないよ…」とお思いかもしれませんが、それも現実逃避の一種で、“未来は現実の上に成り立っている”という真実を肝に銘じて欲しいです。

 

わかりやすく説明すると、『“今”を頑張れない人は、いつまで経っても頑張らない』ということです。
もう少し、『“今”を必死で生きていない人は、いつまで経っても本当の意味で生きることができない』ということ。

苦言になりそうなので説明を終わります。

『現実に目を向けると、そこには多くの学びと気づきがある』まとめと総評

私たちひとりでは存在することはありません。
そこには必ず両親がいます。

両親に感謝する心は大切で忘れてはいけませんが、その両親が敷いたレールの上を進む義理はありませんし、両親もまたそれを強制する権利はありません。

しかし、両親に対する感謝の気持ちを忘れないように日々の生活を送る中で、両親に恩返ししたいと思う気持ちが芽生えるのではないでしょうか。

その恩返しこそが、ご自身の夢を叶え幸せを感じながら人生を送ることと私はいつも思ってます。

プレゼントするのもいいでしょう。
一緒にご飯を食べるのもいいでしょう。
孫を抱っこさせるのもいいでしょう。
けど、その恩返しは些細な現実だということの意味をご理解いただければ幸いです。

 

引き続きご質問を承りますので遠慮なくお寄せください。
集中内観で得た答えと私なりの見解を交えお答えします。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty