波動リーディングとは一体なになのか?

波動リーディングってなに?

人に限らず、動物や石ころからでも波動は発せられていますし、モノではない「原因や理由」からも波動は発せられています。
その発せられている波動(波)のチャンネルをリーディングして、その物事にある本質的なところからくるメッセージを読み取る(読み解く)ことを『波動リーディング』と名付けました。

波動リーディングをひとことで言い表わすと、依頼主(または物事)が発している波動を読み取る(リーディングする)ことです。

波動リーデイングの難しい点

慣れてくると簡単にチャンネルを合わせることが可能になるんですが、やはり初心者には高い壁のようです。

波動リーディングでつまづく点は、どの波が誰の波なのか理解するのが難しいところにあります。

 

テレビのチャンネルを想像するとよくわかっていただけると思います。
周波数が1つ合わないだけで綺麗な映像は映りませんよね。
それと同じで、波動リーデイングをするときも周波数(チャンネル)が1つ違うと違ったメッセージが伝わってきたり、ボヤけて読み取れなかったりします。
さらに、どの波(波動)が誰が発するものなのか、もうチンプンカンプン状態に陥っていまいます。
これもテレビと同じで、周波数が違っていてもぼんやり映ったり、音声だけ映像だけということもしばしばあります。
まあ、最近のテレビはピタッと自動で合わせてくれますけど。

どうすればチャンネルを合わせられるようになるのか?

チャンネルをピタッと合わせるには場数を踏むしかありません。
とにもかくにも練習、そして練習。練習を重ねていくだけです。

最後のまとめ

『難しいですけどマスターしたいと思うのであれば数をこなすことしかありません』
マスターすると面白くなります。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty