本音で話すことの難しさをクリアすると幸せが近づいてくる

「腹を割って話しなさい」なんて言われて、いざ話そうと思っても結構ハードルが高いですよね?
中には、「ハードルが高いというより、それだけは絶対できない!」という方もいらっしゃいます。

しかし、相手や自分自身(本音で話す相手のこと)の将来のことを少しでも考えているのであれば、本音で話す機会を設けることは“与えられた課題”とも言えます。

そこで今回の記事は、『本音で話すことの難しさをクリアすると幸せが近づいてくる』というテーマをもとに書いていきます。

本音で話すのが難しいのには理由がある

本音で話す=腹を割って話す。

会社や取引先の人と本音で話す。
家族と本音で話す。これが意外にも難しいです。

 

上司や同僚と本音で話すのも大切ですが、今回は苦楽を共にする機会が多い“家族と本音で話す”ことに重きをおいています。

 

「本音で話せたらこんなにも苦労してないわ!」ってところでしょう。
その言葉を裏返せば、“本音で話すことができれば苦労が減る”ということを心のどこかで認めてる証拠でもあります。

 

では、なぜ本音で話せないのか?

相手に嫌われたくないから?
相手に不快なおもいをさせたくないから?
相手の機嫌が悪くなるから?
怒られるから?
殴られるから?
ケンカになるから?
いい人でいたいから?
周りと意見を合わせておけば安心だから?
変わり者と思われたくないから?
言っても理解してもらえないから?
理由は人それぞれですが、これらのことから見えてくる感情は、“自分の勝手な思いに過ぎない”ということです。

“自分の勝手な思いに過ぎない”
俗にいう、“単なる思い過ごし”というものです。

 

「これを言ったとき、相手がどんな反応を示すか?」
それを判断するのは自分自身ではなく、相手自身ということです。

相手の反応を先読みする能力があるならそれでも構いませんが、その能力がないが故、相手の色んな反応を想像しすぎて本音が出せなくなってしまいます。

 

相手の気持ちを考えすぎて言葉に詰まり本音が出せないなら、まずは自分の気持ちに正直になることに考え方をシフトしてみることをおすすめします。

話しにくい相手と共通点を見つける

仕事が趣味。
遊びが趣味。
食べることが趣味。
お酒が趣味。
庭いじり、ガーデニングが趣味。
マラソン、ウォーキングが趣味。
子育てが趣味。
買い物が趣味。
映画、テレビ、ネットが趣味。

世の中には無数の趣味や嗜好があります。

無数に趣味/嗜好がありますから、何か1つぐらいは相手と共通する趣味/嗜好もあります。

その共通の趣味を見つけ、相手に「これ、一緒にしない?」と提案してみてはいかがでしょう。
相手も好きな趣味ですから“のってくる確率”もかなり高めです。

ドライブでも、カフェでも、景色を観に行くのでも、とにかく「一緒に行こっ!」と誘ってみてください。
話す相手が男性(ご主人)なら誘われると嬉しいに決まってますから。

 

なぜ、「一緒に行こっ!」と外に出るように誘うかというと、どちらのテリトリーでもない外の世界に連れ出す方が会話がスムーズになるからです。
家のリビングで話し合ってて、ちょっと機嫌を損ねると「もういい、寝る!」となるケースが非常に多く、それを阻止するための戦術です。

いくら優れた戦術であっても、話してるとき「それは違うと思う」とか「それはおかしい」は禁句です。
相手の話しを受け入れてから、「それもいいね。けど、これもいいと思わない?」と提案型の会話を心掛けてくださいね。

相手の自尊心を傷つけないことが大切です。

 

それでも本音で話せない場合も少なくありません。

なぜか?

わかり合うことができない人もいる

これ、すごく残念なことなんですが、どれだけ会話を重ねても“なに1つ分かり合えない人がいる”のも事実です。

相性の問題なのか。
過去世からの流れなのか。

そもそも相手に本音で話そうという気がないのか。

 

私もカウンセリングで苦労したことがあります。
『この人には一切の言葉が伝わらんのかな?』ってぐらい心に響かせられないことがあって、カウンセラーを辞めようと思ったことがありました。
で、その人が何を言おうとしてるのか?私には理解することができませんでした。

 

しかし、それは個性でもあります。
説き伏せる必要もありませんし、妥協する必要もありません。

「この人とは話せない」ではなく、「話し合えない、わかり合えない相手もいる」と思うことにしましょう。
いちいちイライラしてたのでは逆にストレスを抱えてしまいます。

 

どれだけ会話を重ねても、どれだけ自分からは本音で話せても、それが一方通行では悲しいし寂しいですよね。
会話というボールを投げたとき、ちゃんと受けて投げ返してくれてこそ“本当の会話”といえます。

よく、「会話はキャッチボール」と言いますよね。

 

キャッチボールができないプロ野球選手をスカウトする球団があるでしょうか?
恐らく皆無だと思います。
バッターボックスに立つと100%ホームランを打つ選手ならまだしも。

『本音で話すことの難しさをクリアすると幸せが近づいてくる』まとめと総評

ご自身と家族が幸せに近づくため、本音で話し合うことを諦めないでください。

相手を尊重し、理解しようと努める姿勢があれば、その想いは相手の心に必ず刺さります。

家族みんなの幸せ。
本音で話すことは、平和への第一歩です。

 

『人がこの世に生まれる理由は、難題をクリアし、来世を今より良い状態で過ごせるようにです』

クリアできなかった人は、来世も同じ道を歩くことになります。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty