インチャイ解放の難易度と解説

以下のリンクカードから過去の関連記事がご覧いただけます。

見つけたインナーチャルドは必ず癒す

7月 9, 2019

悩み事の原因のほとんどはインナーチャイルドにあり

7月 16, 2019

インナーチャイルドを癒してみませんか?

7月 19, 2019
※私のブログでは、インナーチャイルドのことを『インチャイ』という略造語で表しています。
※私のブログでは、インチャイを癒すことを『インチャイの解放』と表しています。

インチャイ解放の難易度

今日の記事は、過去記事で書いたことのまとめと『インチャイ解放の難易度と解説』になります。あくまでも難易度ですので、インチャイ解放の方法は書いていません。

インチャイを解放する方法はたくさんあり、また、自身に合った方法などもありますが、今回は私が実践してきたなかでの難易度を5段階に分けて説明させていただきます。

  ワークの難易度
が少ないほど簡単
解放に至る早さ
が多いほど早い
① 当事者(両親)との会話 ★~★★★★★ ★★★★★
② 内観 ★★★★~★★★★★ ★★★★~★★★★★
③ エネルギーワーク ★~★★
④ 瞑想、ヨガ、座禅 ★~★★★ ★~★★

おおきく分けるとこの4つです。
※ここに書いた①から④の方法はすべて私が試したうえで難易度を表にしてあります。

 

①②③④について少し詳しく書いていきます。

①の当事者との会話
過去記事にも書いてあるとおり、インチャイは両親からの躾や教育、家庭環境に起因することがほとんどですので、両親(当事者)との会話の場を設け「その当時の(インチャイができた瞬間の)親御さんの気持ちを聞く」という方法です。
ここで、より早い解放を望むのであれば、当事者からの謝罪が欲しいところですが。

この方法は解放も早くおすすめなんですが、まず「インチャイとは何か?」というところから親御さんに説明し、その後「インチャイを解放するために当時の気持ちを聞かせて」ということから始めないといけないのが難しいところです。
そしてこの方法で何よりも難しいのは、当事者に「インチャイたるもの」の存在を理解してもらわねばならないところです。
しかし、ハードルは高いですが、インチャイ解放への1番の近道です。
ただ私たちの年齢になると両親が健在していない可能性もありますので、それを加味した難易度にしています。

※当事者は両親に限らず、兄弟や親せき、上司や同僚の場合もあります。
②の内観
文字どおりでインサイトです。自分の中にいる子ども(インチャイ)と対話していくことで解放する方法です。
この方法はインチャイの根っこにたどり着いていれば、①と同じぐらい解放までが早いです。
方法は至って簡単で、自身のインチャイと対話方式で進めていくもので、【質問⇒答え⇒その答えに対する質問】を根っこにたどり着くまでひたすら繰り返すことでインチャイが解放されていきます。
この方法の難しいところは、「どこがこのインチャイの根っこか?」という判断です。判断を誤ると、そこからまた根っこが伸びてやがて大きな樹になってしまいますので細心の注意を払って「これが本当に根っこか?」ということを見極めてください。
③のエネルギーワーク
レイキをはじめとするシータやセラフィムなどのリーディング系のエネルギーでもインチャイは解放できます。
私の経験上になりますが、他者に解放してもらえたインチャイはありませんでした。私の場合は、周りにシータやセラフィムといったワークをしてる知人に恵まれていたのでお金をかけずに試せたんですが、ヒーリングサロンなどに行くとなると相当の出費を覚悟するか、自身で高額な受講料を支払い、伝授を受けた後にインチャイを解放するしかありません。ただ、先ほども言いましたが、他者にインチャイを解放してもらうのは非常に困難ですので、ヒーリングサロンでの解放はおすすめいたしません
④の瞑想、ヨガ、座禅
インチャイを解放することに限って言えば、相当な時間が必要になります。
心が落ち着きますし、自分の中を見つめるのには適していますし、心身の調和も取れ、ヨガなどであれば心身の健康にも役に立ちますが、インチャイの解放に特化したいのであれば、あまりおすすめはできません
どれにも長所と短所はありますが、1日でも早いインチャイの解放を目指すのであれば①か②をおすすめします。

インチャイ解放に取り組む前に準備しておきたいこと

やってみたい方法、自身に合った方法が見つかったとしても、いきなりインチャイを解放(または、行き当たりばったり)できるものではなく、取り組む前に準備しておいたほうがいいことがあります。

インチャイ解放に取り組む前に
① インチャイの症状が現れた時刻、状況、相手(相手がいれば)を忘れないうちにメモる。
② 「どのインチャイをどういう手順で解放するか?」 
③ インチャイ解放にあてる時間を必ず毎日確保する。

①②③についても少し説明していきます。

① インチャイの症状が現れたとき状況の説明
インチャイが現れた時間や状況はとても大切で、インチャイ解放には欠かせない情報になります。
これはインチャイのパターンを知るためのもので、インチャイの症状が現れるときは決まったパターンがあります。そのパターンは人によっても違いますし、インチャイによっても違ってきます。
その出現パターンを考察するうえで特に大切ですので、メモやボイスレコーダーなどに即座に記録してくださいね。
誰かと一緒にいて、その人が影響してると思われる場合は、それも必ず記録してください。
② どういう手順の説明
ただ闇雲に思い付きでインチャイを解放しようと思っても根っこまで解放に至ることは相当に困難なことだと思います。
行き当たりばったりでは葉か枝の部分しか解放できませんし、いきなり根っこのインチャイにたどり着き解放に至ることもまずあり得ないと思ってます。恐らく不可能かと。
過去記事にインチャイの数は少なくて1000と書きましたが、多くのインチャイを抱えている人の場合、その数は万単位にもなります。
もちろん根っこから伸びた最先端の葉の部分も入れた数ですが、なんの段取りも準備もなく解放してたのではとても根っこまで解放することは困難です。
※なんの段取りもなく根っこまでの解放が困難な理由は、根っこが残っていると「チェッ!」と感じるようなネガティブなことが身に起きるだけで、またインチャイが大きく育つからです。
③ 時間を必ず確保の説明
「インチャイを解放する」と誓ったからには解放し切るまで解放することをおすすめしてるんですが、どうしても飽きがきます。
1番の飽きる原因は、根っこにたどり着けず枝や葉の部分ばかり解放し、解放したと思ったら次の新芽がでてくるというケースです。
それを防ぐためにもルーティン化(習慣化)するほうがいいんです。
決まった時間になれば、決めたインチャイを解放するまでする。インチャイ解放は自身とインチャイの闘いでもあります。

いきなり解放を目指すより、下準備をキッチリ済ませておくことをおすすめします。

インチャイ解放に必要なこと

とにかくインチャイはしぶといです。

インチャイを1日でも早く解放するには、気合と根性

「でた、精神論」と思う人もいらっしゃると思います。
『はい、精神論です』インチャイを解放するためには精神論もしくはお金が欠かせないのが現実なんです。

私自身のインチャイをすべて解放し終えるまで、およそ1年半を要しました。
私の場合、『1日1時間をインチャイ解放の時間』と決めたんですが、完全な自己流で手探り状態でしたので新芽がでてくる早さに追いつけず、根っこにもたどり着けないまま1年が経ったんです。
そこで内観でも解放できることを発見し、そこから6か月ですべてのインチャイを解放できたのですごくラッキーでした。

しかし、たまたまラッキーだっただけで、それを発見していなかったらと思うとゾッとします。

それぐらいしぶとく根が深いインチャイですが、あきらめず毎日のルーティンにしていけばそんなに難しいことではありません。

必ずインチャイは解放できます。

最後のまとめ

インチャイの根っこは1つとか、多くて3つぐらいです。
『素早く根っこにたどり着けば、その根っこから伸びている枝と葉すべて一気に解放できます』

どうかあきらめずインチャイを解放し、本当のご自身と出逢ってください。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty