自分の中心に軸をもっていきハッピーになろう

幸せの前提に自分軸がある

人がこの世に生まれてきたのには必ず理由というものがあります。
【理由=使命】という解釈をしていただいて構いません。

そして、その理由は必ず誰にでも与えられています。
ひとりひとりに与えられていますので100%です。

 

性別問わず。職業も問わず。
もっといえば、存命か否かも問いません。

要するに、ひとつひとつの魂(意識体)に与えられています。

「じゃあ、わたしに与えられた使命(生まれてきた理由)は、なに?」となりますよね。

習い事や趣味、仕事などいろいろ試すのも1つの手段です。

「マリア様のような看護師になりたいのか」
「悪に立ち向かう警察官になりたいのか」
「ボランティア活動(もちろん見返りを求めないボランティア)をするのか」
「イチローのような野球選手になるのか」
「国のトップに君臨するのか」いろいろあります。

今回はそれには触れません。

今回のテーマは『自分の軸』ですから、話しを『軸』に戻します。

「買い物に軸を置いている人」
「趣味に軸を置いている人」
「仕事に軸を置いている人」
「家族に軸を置いている人」
「自分磨きに軸を置いている人」
「自分に軸を置いている人」

どこに軸を置くかは自由ですし、人それぞれです。

 

そして、その『軸』回り続けているということを念頭に置いてください。
回転速度は、どれだけ軸に近いところにいるか?で変わってきます。
フィギュアスケートの回転と同じで、中心に身を寄せると早く回るのと同じ感じです。

ということは!

自分に軸があり、なおかつ、より中心に軸があるほどブレが少ないということです。
逆に、自分から遠いところに軸がある人はブレやすいということになります。

自分のより中心に軸をもっていく

もう少し踏み込んでみると!

軸は常に回っていますので、自分から遠いところに軸がある人は
その遠心力に振り回され、いつか飛ばされてしまいます。

しかし、自分の中心に軸がある人は、その遠心力で、周りの不要なものを振り飛ばす(はじき飛ばす)ことができるんです。

「仕事に軸を置いている人は、仕事に振り回され」
「趣味に軸を置いている人は、趣味に振り回され」
「異性に軸を置いている人は、異性に振り回され」といった具合です。

自分の軸を見つけることが幸せの秘訣

自分の軸をしっかり据えている人は、何をしても上手くいきます。
そして、いつもハッピーに生きています。
これは私が経験してきたり、実際にクライアントさんを見てきた経験によるものです。

最後のまとめ

何よりも大切な自分軸。

『その大切な軸を自分の、より中心に置きたいと思いませんか?』

「軸がどこにあるのかさえわからない人も」
「自分の軸をより中心に持っていきたい人も」方法をアドバイスします。

『手っ取り早く自分の軸を知る方法は、自分のことを好きになること』です。
ブレる人が多くいるということは、それだけ『自分のことが好きじゃない』という人が多いという裏返しですね。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty