カウンセラーとかセラピスト、人を癒す仕事を目指してる人が多いけど

なぜ人を癒す仕事に就きたいか?

よっぽど楽そうに見えるのか?
簡単に稼げそうな気がするのか?
ただの憧れなのか?

その理由は人それぞれですし、どんな想いを込めて癒しの仕事に就くことを目指してるのか私にはわかりません。

一般企業のように上司からガミガミ言われたり、ノルマを科せられたりすることがない仕事ですから気楽と思う人もいらっしゃるかもですね。
満員電車に揺られて出勤することもありませんし、同僚たちとの人間関係に悩まされることもありません。
夜更かしするのも遅く起きるのも自由です。
集客さえ上手くいけば生活も潤います。

 

私の経験上ですけど、人を癒す仕事に就くということは思ってるほど気楽な仕事ではありません。

睡眠時間は激減します。
時間があれば取り合えず勉強しないといけない。
常にクライアントの好転を考える必要がある。
ひと様を癒す前に自分自身を癒す必要があります。

特に4番目に書いたひと様を癒す前に自分自身を癒す必要がありますの一行ですが、これは何よりも優先すべき事項です。

ひと様を癒す前に自分自身を癒せてますか?

これ、ほんとに大事です。

何があっても、何が起きてもブレない強い精神力が求められます。
すべてのインチャイを開放しきる。
常に最高の癒しができるよう、自身のメンテを欠かさない。
どんな質問にもすぐに答えられるだけの知識。
リラックスできる環境。

決して憧れだけでできる仕事ではありません。

ただ、誰でも始められる仕事でもあります

ひと様を癒す仕事は大変です。

しかし、始めるだけであれば誰にでも始められます。
今日からでも始められますからね。

一国一城の主です。俗にいう社長です。
しかし、社長になんて誰でもなれますし、「社長」であることに何の意味もありません。

最後のまとめ

最後にもう1度だけ言っておきます。

『ひと様を癒す前に自分自身を完全に癒しきってください』
そうすることで最高のカウンセラーにもなれますし、最高のセラピストにもなれますし、最高の癒し人にもなれます。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty