言葉に魂やチカラがあるように、文字にも魂とチカラがある

言葉に魂やチカラがあるように、文字にも魂とチカラはあります。
それを【言霊】といいます。

言葉や文字で想像できてしまう人物像

仕事柄、メールやラインでやり取りをする機会が多くあります。
電話で話す機会も多くありますが、今回は言葉ではなく文字について書きます。

メールですので、相手も顔は見ることができませんし、声も聞くことができません。

私自身、初めてメールをくれた人の人物像を創り上げることはしないんですが、『この人、書き方で損してるなぁ』と思う人がいます。

誤字脱字の多い人です。

私自身がザックリした人間なので、丁寧な言葉遣いや「です。ます。調」は要らないんです。
拝啓で始まり、敬具で締めくくってあったりすると読んでて『正座しないと!』ってなります、笑。

言葉に言霊があるように、文字にも言霊がある

みなさんも「言霊」という言葉はご存知だと思います。

言霊というと「口から発せられる言葉」と捉えられがちですが、本当はそうではなく文字にも言霊があります。

言葉でも文字でも「相手に伝えたい」という気持ちがあるはずです。
口から出た言葉だったらすぐに訂正するのに、文字だと訂正しない?

ということは、「伝える意志がないのではないか?」と思われてしまう恐れもあります。

 

手紙でも同じことが言えます。

綺麗な文字も大事ですが、丁寧な文字で書かれた手紙のほうがこの人は本当に伝えたいことがあるんだなと心に響きませんか?
そうなると読む人の心理に大きく影響し、真剣に考え、真剣に返事したくなりますよね?
これは人の心情ともいえます。

本当に伝えたいという気持ちがあれば誤字脱字はなくなる

適当な気持ちでメールやラインをしているのか私に知る由もありませんが、相手の心に真剣に伝えたいという気持ちがあれば、必ず誤字脱字はなくなります。

もし間違えて送信してしまったら、すぐに訂正する。
手紙だったら修正ペンでシュッとするのではなく、いちから書き直す。
それぐらいしないと自分の気持ちを相手には伝えることができません。

『言霊=言葉に込められた魂』なんです。
「誤字だらけ、脱字だらけ」『魂の誤り、魂の脱落』魂が抜け落ちている状態と同じです。

そんな言葉で伝えないほうがいいと思っています。

最後のまとめ

『伝えたいことがあるのなら、もっと真剣に書くことをおすすめします』

見るに堪えがたいのがもう1つ。
文字での暴言です。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty