高カロリーなお菓子や人工甘味料いっぱいのジュースって美味しい

人工的に作られた甘味料や保存料が多く含まれてるお菓子は美味しくて当たり前

映画を観ながら食べるポテチって美味しいですよね。
そこにコーラでもあればバッチリ!って感じです。

メーカー側からすれば、売れさえすれば「これは身体によくない」ってわかっていても作り続けるわけです。
発がん因子を含んでいる人工甘味料(合成甘味料)なんかはその筆頭です。

私の次女がコーラが好きで常に携帯してました。ご飯を食べる時も水代わりにコーラって感じでした。
そんな娘がある日、歯に痛みがあるということで歯医者に行ったんですけど、そこで医師から「歯が溶けてきてるよ!」と衝撃のひと言。すぐに全部の歯を治療してもらい、ついでに歯列矯正をしたので、今は痛みもなくタレントのような白くて強い綺麗な歯になってます。
皆が皆そうなるわけではないそうですが、あのままコーラを飲み続けてると総入れ歯になってた恐れもあるそうです。コーラに限らず炭酸飲料すべてに言えるそうです。
それがキッカケで娘はコーラを飲まなくなりました。

「美味しいから」と一時の快楽のために身体を傷つけるのはおかしな話しだと思いませんか?

私もお菓子が好きでよく食べてましたし、ジュースや炭酸飲料を飲むことも、あびるほどお酒を飲んでた時期もありました。
インスタントラーメンでサクっと食事を済ませることもありました。
しかし今は、年に数えるほどしか口にしなくなり、アルコール類は一切口にしません。
もっと言えば、医者に処方された薬なんかは一切飲まないです。

理由は、『自分のことが好きだから』です。

自分の身体、自分の将来を大事に思うなら控えるほうがいい

上にも書いたように、私は自分のことが好きですから『これ、身体に悪そう』と思ったものは摂らないように心がけています。

子どもたちが大きくなる姿を見たい。
子どもたちに介護されるような弱い身体はごめんや。
いつまでも元気で、行きたいところに行きたい。
チューブから流動食を摂るのではなく、形あるものを口から食べたい。
そういった思いも根底にあります。

お菓子とかジュースが美味しいのは認めます。
人工甘味料や香料、着色料が多く使われてるものは美味しいし、見た目もいいに決まってますよね。

けど、なるべくなら食べないほうがいいこともご存知だと思います。

「やめたい、けど、やめられない」みたいな。
そう思ってる人であれば、解決策は1つです。

『今すぐゴミ箱へ』
「もったいない」とか「これ食べたら今後は買わない」ではなく、今すぐ処分するんです。ダイエットにも繋がるかもですね。

ダイエットはさておき、5年後10年後、20年後の自身の身体のことを考えたら処分するのは簡単だと思います。

お菓子、甘いジュースや炭酸飲料の代わりに

我が家では、お菓子の代わりに、フルーツを置いています。
甘いジュースの代わりに、フルーツビネガーや果汁100%のジュースを常備してます。

友だちが遊びに来るときはお菓子やジュース、ビールやウイスキーを買い揃えることもありますが、友だちが帰ったらもったいないけど処分してます。

人の身体は作り物ではなく100%天然です。
その100%天然のもので出来ている人の身体に人工的な何かを入れるのは、人が人として生きるうえで摩擦が生じるんです。

身体はその摩擦に必死で抵抗しようとするので、代謝が落ちたり、免疫力や治癒力が下がったりしてます。
便秘がちな人(新陳代謝が落ちている人)の原因の1つでもあります。

まあ、身体のことばかり考えて突き詰めるとオーガニック云々の話しになるんでしょうけど、たまに食べるお菓子とか炭酸飲料って美味しいですから、ほんとイベント的な感覚で食べて飲むのは全然オーケーだと思ってます。
「そのイベントのために仕事を頑張る!」みたいに。

最後のまとめ

どれだけ美味しいお寿司も、どれだけ美味しい焼肉も、1週間も続けて食べたらさすがに飽きますよね。
たまに食べるから美味しいと感じるんだと思います。

カロリーの高いお菓子や、人工甘味料がたっぷり入っていて美味しいジュースですけど、「たまに食べたら美味しい」と思えるようになればいいですね。

ただ、くれぐれも「食べられないことへのストレス」を溜めすぎないようご注意ください。
そのストレスもお菓子やジュースを完全に断つことでなくなります。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty