目標を達成するには自分を信じ続けることが大切

東京大学の入試に合格する自信がありますか?

多くの人は難しいからと諦めるか、最初から東大に入学することなんて眼中にもないでしょう。

東大合格が難しいと思うのはどうして?

東大。
私は実物を見たこともありませんし、『東大に行きたい』と思ったこともありません。

なぜか?
東大へ行くことにメリットを感じたこともなく、卒業してから受けられるメリットも感じたことがなかったからです。

しかし、明確な目標を私が持っていたとすれば東大に合格し、卒業をして、官僚にでもなって、今頃は政治家を裏から操っていたかもしれません。

 

多くの人は、“東大=超難関大学”というイメージをお持ちでしょう。

実際、超難関大学です。
しかし、そこには夢を叶えた多くの学生さんが通ってます。

「最初から東大なんて合格する自信がない」と選択肢にも入ってなかった人と、途中で諦めて第二志望や第三志望の大学に入った人と、諦めずに合格した人の差はどこにあるのでしょうか?

 

人それぞれ理由は異なります。

 

途中で諦めた人。

難しいし無理と思ってたから?
東大合格というモチベーションが保てなかったから?
途中で新たな目標を見つけたり、目標を失ったから?
希望を持って受験勉強をしてるうちに難しさを知ったから?
いろんな理由が考えられますね。

 

それに対して、東大に合格した人。

絶対に合格してみせる!という強い志しがあったから?
東大に通い、卒業し、いい会社に就職してる自分をイメージし続けられたから?
東大一家に生まれ、親の期待に応えたいから?
人の何倍も勉強して、涙ぐましい努力を重ねたから?
こちらもいろんな理由が考えられます。

 

親から受け継いだDNAや、生まれながらにして持っているセンスも少しは関係するでしょうけど、目標や夢を叶える人は、“人の何倍も努力を重ねている”ということです。

目標達成、夢を叶えるには?

目標、目的を達成する人。
夢を次々と叶えていく人。
この世にはたくさんいらっしゃいますよね。

そういう人に共通していることがあるんですけど、なんだかわかりますか?

=目標、目的を達成する人にみられる共通点=
=夢を次々と叶えていく人にみられる共通点=

達成感を知っている。
将来に対する目的意識が明確。
やり遂げることの喜びを知っている。
努力家、頑張り屋さん。
努力が報われることを知っている。
揺るぎなく、常に自分のことを信じている。
成し遂げるための努力を惜しまない。
決して諦めない。
決して妥協はしない。
意志が強い。
などなど。

トップアスリートは天才でもなんでもなく、すごく努力家です。
トップアスリートや天才と呼ばれる人の口癖に、“1%の才能と、99%の努力”というのがありますよね。

 

「この壁を乗り越えるのは無理だ」と思った瞬間、本当に越えれなくなります。
「この山を登りきるのは辛い」と思った瞬間、本当に辛くなります。
「フルマラソンなんて無理」と思った瞬間、本当に走れなくなります。
「この問題は解けない」と思った瞬間、本当に解けなくなります。
「東大なんて合格できない」と思った瞬間、東大には入れません。

他。

「この人は頑固者だから話しを聞いてもらえない」と思った瞬間、話す気が失せます。
「なんとなく今日はしんどい」と思った瞬間、会社に欠勤の電話をしてしまいます。
「100人中、100人がマズいという料理は食べたくない」と思った瞬間、他のメニューを探します。

それは、悲しくてすごく残念な“人の性”なんです。

“人の性、人間の質(たち)”は目に見えない最強の敵

人には“先入観”というすごくネガティブな思考パターンがあります。
※当記事では便宜上、世間体/一般常識/既成概念を“先入観”と表します。

先入観は生まれ育った環境や教育で培われる思考です。


=人が持つネガティブな思考パターン=

最初から無理と決めつけてしまう性/質。
最初から難しいと決めつけてしまう性/質。
辛いこと、面倒なこと、困難なことなどを避けようとする性/質。
少しでも楽をしたいという性/質。
普通のままでいいと思う性/質。
現状に満足してしまう性/質。
長いものに巻かれていれば安心という性/質。
常識を覆すことが怖いと感じる性/質。
などなど、ネガティブな性と質はたくさんあります。

これらネガティブな思考の働きで、人の行動がグッと抑制されてしまいます。
実は、抑制どころか、ストップしてしまうことのほうが多いです。

これが“できない原因”です。

しかし、成長を望む方はそれではいけません。
“できない理由”をどれだけ並べても、“言い訳”をどれだけ並べても、成長は望めません。

 

“ここ”というとき、どれだけ難しくて面倒で、すごく困難なことが起きても、それを越えないといけないときが誰にもあるんです。

そうです。

自らの意志で“限界突破”をする瞬間です。
それにはタイミングも関係してきます。
タイミングを大きく外すと“限界突破”はできず、“現状維持”で終わってしまいます。
“現状維持”、聞こえはいいですけど、要は現状に満足してしまったり、妥協してるだけに過ぎません。

そんな“現状維持”の人生を送りたいですか?
そんな人生を送りたい人は妥協しても満足しても構わないと思います。

まとめ

人生は80年か90年か、人によっては100年を超えることもあります。

人生は長いと思いがちです。
その実は、決して長くはなくアッというまに残りの時間が減っていってるんです。
刻一刻と。

「いつかやろう」
「あとでやろう」
「こんどやろう」
そういうネガティブな後回しや先送りの考え方は今すぐ捨てることをおすすめします。

「いまやろう」とポジティブな思考に今すぐ変えてみてください。

それだけで人生が大きく好転します。

この記事を読んで、「考え方を変えるのは難しい」と思った人。
それは、“ネガティブな先入観”だということを忘れないでください。

 

思い立ったが吉日。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty