内観をインチャイ解放のツールとして使ってみませんか?

見つけたインナーチャルドは必ず癒す

7月 9, 2019

悩み事の原因のほとんどはインナーチャイルドにあり

7月 16, 2019

インナーチャイルドを癒してみませんか?

7月 19, 2019

インチャイ解放の難易度と解説

7月 19, 2019

インチャイ(インナーチャイルド=内なる子ども)を癒す方法

7月 19, 2019
インチャイ解放の関連記事は上記のリンクカードに書いてますので、1からインチャイの解放(インナーチャイルドを癒す=内なる子どもを癒す)にチャレンジしてみたい方はご覧ください。

今回の記事もインチャイをすべて解放した方法を実体験を交え説明していきますので参考になればと思います。

内観でインチャイを解放することのメリット

インチャイを解放する際に私がおすすめする1番の方法は、なんと言っても『内観』です。
今日の『内観をインチャイ解放のツールとして使ってみませんか?』というタイトルのとおり、内観はインチャイ解放には欠かせない最強のツールだと私自身は思ってます。

なぜ1番おすすめかというと、「当事者(両親の場合がほとんど)と会う」という面倒なことが一切ないからです。
どうしても人とアポを取り付けるのは双方の都合などもあり、自分だけでは融通が利きにくいという点があります。
当事者の具合が悪いとか、最悪のケースであれば他界してるとかも考えられなくもありません。

その難点を解消してくれるメソッドが『内観』になります。

好きな時間に、好きなだけ、インチャイを解放できるなんて、すごくいいと思いますよね?
今日はその説明をしていきます。

内観によるインチャイ解放は慣れてくると一気に根っこの部分を解放できるんですが、『誰にでもできる簡単なメソッドではない』というところが大きな課題でもあります。

内観でインチャイを解放することのデメリット

上でも少し触れましたが、内観でインチャイを解放するにはクリアしないといけない大きな課題が1つだけあります。

それは、「内観ができる」ということです。

マスターするのは難しいが、内観は特別なメソッドではありません

『内観は特別なメソッドではありません』と書きましたが、内観は決して難しいものでもありません。

ここでの最大の課題は『深い内観ができるかどうか?』という点です。

さあ、内観でインチャイを解放してみよう

ここでは、深い内観ができることを前提に説明していきます。

私は9ヶ月のあいだ瞑想ができませんでした。
『無になる瞑想?なにそれ、笑』という感じでしたし、見よう見まねの“なんちゃって瞑想”でしたが9ヶ月続けてました。
さらに内観となると『え?自分と向き合う?そんな必要ないやん、笑』というものでしたが、好奇心が旺盛な私はその言葉を見聞きすると追求したくなる性格なので、これもまた6ヶ月ほど何の結果も出ないまま、見よう見まねの“なんちゃって内観”を続けてました。

内観はその文字のとおり、自分の内側を観ること

顕在化されていない自分自身の潜在意識を知る(観る)ことができるのが内観です。

内観のメリット
内観は、これから先の人生をより豊かにしてくれるメソッド
内観は、これから先の人生をより満たされたものへと導いてくれるメソッド
内観は、自分に与えられた使命をしることで、一切の迷いがなくなるメソッド
内観は、自分の質(タチ=性質)を知ることができるメソッド

 

深い内観による、より深い意識(潜在意識よりもさらに奥の意識)との対話ができるようになります。

「なぜいつもイライラしてるのか?」
「なぜあの人のことが苦手なのか?」
「なぜ怒られるとひどく落ち込むのか?」
「なぜ急に悲しくなったり、甘えたくなるのか?」
「なぜ先送りにするのか?」
「なぜ言い訳ばかり考えるのか?」などなど、ネガティブな感情は他にもありますよね。

インチャイが元となるネガティブの感情の根っこにたどり着くことができますので、もっと言うとインチャイの解放を通り越してしまうんです。

インチャイ解放の1歩先を行くメソッドが内観

時間の許される限り自身の深い部分との対話を重ね、ときには自分で時間を作ってでも、仕事を休んででもするだけの効果が得られます。
「そんなに仕事が休めるわけない」と思ってる人が内観を進めていくと、「仕事なんかいくらでもあるし、いつからでも始められる」ということを知ることになります。
今まで思ってきた常識を覆すことが内観では可能になります。

仕事
お金
世間体
一般論
対人関係
健康問題
生死感
すべて覆ります。180度。

世の中の仕組みを知り、ものごとの本質を知ることになります。
それはそれで生きづらいと思う人もいらっしゃるかも知れませんね。

けど、それこそがたった1つの真実ですので、目を背ける必要も逃げ出す必要もなく、ただただ受け入れるだけでいいんです。

 

自分のより深いところに隠された闇を知り。
フタをして表に出ないように隠してきた闇を知り。
仕組みを知り、本質、真理、摂理を知り、真実をしる。
世界中の良い面と悪い面を知り、人の良い面と悪い面を知り。
もちろん自身のインチャイの根っこを見つけ出し、解放する。

深い内観をすることで、自分が思うことの多くは片が付きます。

より深く、さらに深く。
本当の自分と出逢うために、本当の自分と対話を重ねていくんです。

時間の許す限り。

最後のまとめ

『抽象的な内容にも思える記事ですが、この方法でインチャイを解放することができます』

どうしてもわからない点がありましたら、いつでもお尋ねくださいね。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty