苦手なもの、苦手なこと、生理的にムリなことはありますか?

苦手なもの、苦手なこと、生理的にムリなことはありますか?
もちろん、私にもあります。

「好き嫌いはダメ!」『なんで?』

小さいころ親とか先生に言われませんでしたか?

「好き嫌い言わないで食べなさい!」って。
確かに好き嫌いなく出されたものを食べる、っていいことだと思います。

小学生の低学年のころ、グリーンピースが大嫌いでした。
給食のカレーなんかにグリーンピースが入っていると、放課後になっても食べさせられてました。
今なら児童虐待でその先生のクビはすっ飛ぶでしょうね。

いくら小学生とはいえ「根拠のない怒られ方」をすると、すごく不信感を抱くもんなんです。
ひいては「なぜ好き嫌いはダメなのか?」という根拠もないままです。

「好き嫌いはダメ」の根拠がないのと、根拠のない怒られかた。“根拠ナシ”のダブルパンチを喰らってるようなもんです。
おとなで、しかも子どもに教える立場の先生がそれでは困ったもんですね。

人に何かを伝えようとするときは、しっかりと根拠を示し、順序立てて説明することをおすすめします。

 

少しぐらい好き嫌いがあっても人間らしくていいと思います。
「あいつは変わりもんや」といわれようが、嫌いなものは嫌いでオーケー。

ちなみにですけど、素手で握られた“おにぎり”は、誰が握ったかに関係なく今でも食べられません……。

自分にも他人にもルーズな人

この見出しにある、自分にも他人にもルーズな人と清潔感のない人。
『だらしのない人』のことです。

私の周りにいて欲しくない人です、笑。

お金にルーズだったり、財布が小銭でパンパンだったり。
約束にルーズだったり。
自分で決めたこともできなかったり。
面倒くさがりで後回しにしたり。
しょっちゅう風邪ひいてたり。

ルーズさはすぐに伝わってきますよね。

容姿だったり、服装だったり、住まいだったり、言葉遣いや文字からでも伝わってきます。

ルーズさ=だらしなさ=自己管理能力が低い。
自己管理のできてない人と付き合うのが疲れるんです。
あくまでも私個人の意見ですので気にしないでください。

まとめ

【人は見た目で決められてしまう】これ悲しい現実です。

『不本意な印象を持たれないように、せめて服装には気配りしたいです』
怖めな印象を持たれがちな私ですが……笑。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty