望みを叶えるために必要なこと

「叶えたい望みがある」しかし、「思ったように叶わない」と嘆かれてる方が本当に多いように思えます。

その原因はどこにあるのか?

今回の記事は、望みが叶わない原因を掘り下げ『望みを叶えるために必要なこと』というテーマをもとに書いていきます。

重要度が高めの記事です。

望むものを手に入れるために

大切な自分の心が望むものを手に入れるためだったら、何を手放せますか?

人にはそれぞれキャパシティがあるので、手放したものと同等のものしか手に入れることはできません。10リットルのバケツには、どれだけ頑張ったところで10リットルしか入らないのと同じです。

まず、その部分を勘違いしてる方が多いです。

10リットルしか入らないバケツに、入るわけがないのに必死になって100リットルの水を汲もうとしてるんです。
入らない(叶わない)のも当然ですね。

では、どうすれば望みを叶える事ができるのか?
次のタイトルで説明します。

望みを叶えたければ覚悟と許しを

先ほども書いたように、手に入れたいものと同等のものを手放すことが必要不可欠ですが、大切なものを手放すのは相当な勇気が求められますよね。

望み(手に入れたいもの)を叶えるために何かを手放すことも大切ですが、もっと大切なことがあります。

覚悟をする

“やりたいこと、好きなことをやめる”これも覚悟です。
“やりたいことのために仕事をやめる”これも大きな覚悟です。
“夢そのものを諦める”これは覚悟とは言わず挫折ですね。

望みが大きければ大きいほど、手放すものも比例して大きくなります。

 

ひとりの女性に例えて書きます。


自分の夢だった医師免許を取って開業医になった女性がいるとします。

その女性の前に素敵な男性が現れ、話しがとんとん拍子にすすみ結婚することになりました。
しかし、その男性はアルバイトぐらいしかせず、世界を放浪したがる冒険家です。
医師としてのキャリアを捨ててでも結婚したいという気持ちもありますし、努力の賜物でもある医師をやめるのも辛いと悩みに悩む女性。

そしてその女性は愛を選び、男性と一緒に冒険家の道を選びました。


あくまでも例えですが、これが大きな大きな“覚悟”というものです。

キャリアと結婚、その女性にとってどちらが幸せだったかは言うまでもありませんね。

覚悟をするのと同じく大切なことが“許す”です。

許す

自分を許すという意味です。

ここで大切なことは、望みを手に入れることを自分に許可することです。

自分を許すことと、自分を愛することは同じです。
“許し”は最大の“愛”です。

“自分を許す”と聞くと、「甘えていいんだ」「自分を甘やかす」と勘違いされる方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

 

ここでも例えます。


罪を犯し刑務所に収監された男性がいるとします。

刑期は8年。

そこで男性は改心し模範囚になり、刑期の半分を残して出所することができました。

出所してからの男性は、仕事にも就き第2の人生を歩き始めました。


これも例えですが、この男性が第2の人生を歩き出せたのは、“自分を許した”からです。
人生の再出発を“覚悟”し、人生の再出発を自分に“許す”
この“覚悟”と“許し”があったから第2の人生が待ってたわけです。

 

幸せを手に入れ、幸せな人生を送ることを自分に許可する。
望みを叶えることを自分に許可する。
「欲しいものを手に入れていい」と自分に許可する。

自分を許すこと(許可すること)で人生が大きく変わります。

よくある勘違い

夫婦円満で子どもたちとも仲がよく、孫にも恵まれた人生を送る。

理想の家族像ですよね。

休みの日には家族と遊びに出かけたり。
家族みんなで美味しいものを食べに行ったり。
テレビを観て笑い合ったり。
一緒に泣いたり、悲しんだり。
1つのことを共有し合えるのも家族の良さです。

 

しかし、よく考えてみて欲しいのです。

そこに「今が良ければそれでいい」という考えはありませんか?

今を満たすだけでは未来を生きることはできません。

なぜならば、私たちの未来(魂)は何年も何年も続くわけですから先を見据えなくてはなりません。望みが叶った今に満足してしまうと、それ以上の望みがわからなくなってしまうことがよくあります。

望みに限ったことではなく、勉強やスポーツも同じで、満足した時点で成長が止まってしまいます。

常に上をみて、常に成長を心掛ける。
それが私たちの努めではないでしょうか。

“精神”と“時間”と“お金”

“精神”と“時間”と“お金”

この3つは大切です。
後、付け足すとすれば、“健康”と“友人”です。

 

ここでは私の実例をもとに書きます。

若いころの私は、何を差し置いても“お金”でした。
お金のために仕事をし、少しでも高給を取れるように必死で努力を重ねました。
しかし、ある程度のお金が手に入るようになったとき、ふと周りを見渡すと“友人”と呼べる人も、家族や子どもたちも遠くに感じたんです。
これは、お金に重きをおいた私に与えられた罰でしょう。

タイミングよく脳梗塞を患いましたが、それが転機になりました。
会社を退職し、今まで一緒に過ごせなかったぶん、少しでも家族との関係を修復するため必死になりました。口をきいてくれなかった娘たちとも時間をかけて接していくことで、ほんと少しずつですが距離が縮まりました。
奥さんが私のよき理解者だったことで何度も救われました。
友人も然りです。

『お金はあれば役に立つが、必要以上はいらない』

脳梗塞で会社を退職してから家族関係も円満になったころ、悪性リンパ腫という血液の癌を患いました。
この癌がキッカケで、私は“時間”の大切さを知ることができたので結果オーライだと思ってます。
どんなに優れた超能力者でも時間は戻せません。

『過ぎ去った時間は2度と戻ってこない』

“精神”に関しては、今もなおワークを重ねています。

精神の成長。
つまり、“メンタルワーク”は永遠にしていかないと納得することはないと思ってますが、どれだけかかってもゴールします。

『望みを叶えるために必要なこと』まとめと総評

自分に甘える傾向が強い人の望みが叶うことはまずありません。
手放す覚悟のない人、小さなものしか手放せない人が、大きな望みを叶えることもありません。

何がなんでも叶えたい望みがあるのなら、強い“覚悟”を持ち、自分に“許し”を与えるしかありません。

相当の痛みもあるでしょう。
悲しくなることも、辛くなることも、投げ出したくなることもあるでしょう。

限りある人生、心機一転、努力を重ねるのも楽しいものです。

『望みが何1つ叶わない人生と、望んだものが次々と手に入る人生、どっちの人生を歩きたいですか?』

答えは1つですよね。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty