果たしてパワーストーンに効果はあるのか?

パワーストーンって本当に効果あるの?

「パワーストーンって本当に効果あるの?」って思ってる人は多くいらっしゃるでしょう。

歴史的な意義や見解、精神的な価値はあります。そして、プラシーボ効果(薬理作用)もあります。

パワーストーンを身に付けることで安心できたり、病気が治ったりというのもは、このプラシーボ効果によるものです。小さな子どもに「はい、よく効く風邪薬だよ」と、本当は整腸剤を渡したにも関わらず、元気になってしまうというものです。

プラシーボ効果の正反対の意味を持つ言葉にノーシーボ効果というものがあり、わら人形をはじめとする呪いの呪文や、「これ、少しだけ賞味期限が切れてるけど(本当は賞味期限切れではない)食べれるよ」と言われただけで腹痛を起こしてしまうといったものです。

最後のまとめ

パワーストーンは「効果がある」と信じている人には非常に効果的なアイテムですし、「効果なんてあるわけない」と思っている人には何の意味もなさないものになってしまいます。

『信じる者は救われる』とでも表現しておきます。

わかりやすく表現すると『思い込み』というものです。

それがパワーストーンの本質(真理)なのです。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty