今生で真の課題(使命、宿命)を見つける方法

ひとりひとりに課題が与えられている

生きていくうえで課題を見つけられるか否か?それで人生の幸せ度が激変します。

「自分に与えられた本当の課題(使命)は何なのか?」といったような悩みを抱えている人は多くいます。

本当の(真の)課題。
『なりたい自分になるために、今、すべきこと』とでも言っておきます。

「本当の課題がわかっていないから、何をしても中途半端で終わってしまう」
「本当の課題がわかっていないから、努力する気力も湧いてこない」
「本当の課題がわかっていないから、何も続けられない」

そういう人におすすめするのは『なりたい自分をイメージすること』です。
ただ、漠然と「なりたい自分をイメージするだけ」では意味がありません。

もっと具体的に。
より明確に。

「5年後に〇〇になりたい」
「その前の段階として、3年後に▽▽しておく必要があるなぁ」
「そのまた前の段階として、1年後に△△の資格を取る必要がある」
「△△の資格を取るために、□□と◇◇も必要だ」

という、具体的な通過点(目標)を設定することが必須になります。

「5年後の〇〇を叶えるために、3年後に▽▽をする必要があり、3年後の▽▽のために1年後の△△が必要になり、
1年後に△△の資格を取るために、3か月後の□□と◇◇が必須となる。」といった具体的なイメージと期限です。

もっと直近であれば、1ケ月以内に□□と◇◇のために。
もっともっと直近であれば、1週間以内に。今日中に、となります。

『いきなり○○は叶いませんし、△△の資格は取れません』

そこまでなりたい自分をイメージできれば、あとは実行するだけですね。

1日を大切に。
1時間、1分、1秒を大切に過ごす。

過ぎた時間はどれだけお金を積んでも戻ってはきません。

目的を達成するには『具体的に、より明確に』かつ『期限を切る』ことが大切です。

人は誰でも生まれながらに課題(使命)が与えられています。
これは例外はなく、すべての人に必ず与えられています。

 

「課題が決まったにも関わらず、なぜか頓挫してしまう」
「夢に向かってるはずなのに、なぜか努力できない」

「ついつい甘えてしまう」
「課題から逃げてしまう」

いろんな言い訳を並べて、自分を誤魔化してしまう。

そうなると、もう夢でもなんでもありませんね。

夢を叶えるために頑張ってるときは誰でも楽しいですし、キラキラ輝いてます。

夢を叶えるためになら、好きなことも我慢できるし、多少の苦しみもまた楽しみになります。

「我慢したくない」
「苦しみは、いつまでたっても苦しみだし辛い」という人は、それは夢ではなく、ただの幻想だった可能性が高いです。

 

もしも、

「夢のために努力できない人」
「すぐに諦めてしまう人」
「ただ苦しみとしか思えない人」
「やりたいことが色々あって集中力が持続しない人」などなど。

もう1度、自分に与えられた課題(使命)は何なのか?を探すところから始めたほうがいいかも知れませんね。

最後のまとめ

自分のために頑張れない人が、家族を含む他人のために頑張ることは限りなく不可能です。

なりたい自分を知る方法は、自分と向き合うことがベストです。
あと、内観もおすすめです。

時間はかかりますが、瞑想でもエネルギーワークでも知ることができます。

『自分に合った方法と出会うまで、いろんな方法を試してみてください』

ピッタリ合う方法と必ず出会えます。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty