「死んでしまいたい」と思ったときは

慌てて答えを出す必要はどこにもない

いつもの内容とはまったくことなる記事になります。
リンクも色もなく、真っ黒な文字だけです。

 

どれぐらいの人が「死んでしまいたい」と思ったことがあるんでしょうか?

どれぐらいいるか私にはわかりません。

 

自殺。

結論から書いてしまうと、自殺する魂は来世でもまたその次の来世でも自殺を繰り返す確率がすごく高いです。

魂の自殺癖だと思います。

 

私的観点から言うと、自分を知らなさすぎなだけなんです。

絶望感
喪失感
好きな人に裏切られる
愛してた人を亡くす

いろいろ原因はあります。

けど、本当の自分を知っていれば自殺しなくても済みます。

「なぜ絶望感を抱いたか?」
「なぜ喪失感を抱いたか?」

ひいては、「なぜ自殺を考えたか?」というところまで掘り下げていくことができますからね。

 

今、自分が借りている肉体を自らの手で滅ぼすのは100歩譲ってアリだとしても、来世の肉体をも滅ぼす権利は誰にもありません。

 

繰り返されます。

自殺スパイラルですから。

絶対。

それが魂に刻まれた記憶です。

どこかで悪い癖は断ち切らないと、来世の人が可哀想だと思いませんか?

 

rerioty