新型コロナウイルスが収束/終息したら何する?

“Private blog”というカテゴリーを新しく作りました。

そのカテゴリー(Private blog)の内容は完全に私個人のもので、文章も“話し言葉”で書いていきます。
『ただただ私が思ったことを書き連ねます』でお約束をしたので書いてみます。

1日も早く、最高の形で新型コロナウイルスの終息を願う

新型コロナウイルスが猛威を奮いはじめ、
世界中の自粛ムードが高くなってきて、
緊急事態宣言の発令と政府と自治体からの自粛要請。

自粛要請という名の軟禁と一緒やでな。

 

「自分は大丈夫」って気持ちがあるんか知らんけど、
平気な顔して買い物してる奴の気持ちが俺には理解できん。

開けてる店も信じれん。
そんな店はコロナが終息しても買いに行かんことに決めた!笑。

まあな、政府の対応も悪いねんけど、こんなんじゃ緊急事態宣言も延長されて当たり前やわな。

で、感染者が増え続けて、医療崩壊やん。

 

自粛せん奴は独りで死ねると思ってるんやろな。
医療現場で働いてくれてる人のことちょっとでも考えたら、
自粛しようって気になるはずやもんな。

 

で、コロナコロナって騒いでるけど、
自然界に目を向けると動物が戻ってきたり、
汚染されてた空気とか海が綺麗になってってるねん。

地球規模にフォーカスしたら、
何かの力で人間が淘汰されてるだけのことやと思う。

 

で、新型コロナウイルスが完全に終息して軟禁生活が終わったら、
何がしたいか?って話やねんけど、
みんなは何がしたい?

 

外に出て思いっきり深呼吸してみる?
みんなでガッツポーズしてみる?
美味しいものでも食べにいく?
買い物?
お洒落してどっか行ってみる?
会えんかった人に会いにいく?

まあ、いろいろやりたいことも行きたいとこもあるよな。
締め付けが厳しいほど、
自由になったときの反動も大きいと思うわ。

 

で、当の俺は何がしたいか?やな。

まず言えるのは、
この世界的な有事で再確認できたことがあって、
普通の暮らしや日常生活を、
普通に営めることへの感謝の気持ちが大きなった。

今までも感謝しててん。
けどな、
普通に出かけたり、
普通に買い物したり、
普通にスーパー行ったり、
普通に人と会ったり、
普通に友だちと話したり、
どれも“普通のこと”やと思ってたところもあったんや…て感じ。

今はその“普通のこと”がどれもできん状態。

 

やから俺は、コロナが完全に終息したら、
“普通のこと”をして、
その“普通のこと”に最大の喜びを感じると思う。

マスクするのも嫌やしな。

 

“普通のこと”は、当たり前ではない。
ってことを再確認できて良かったわ。

“普通のこと”は、ありがたい。
ってことをな。

 

一緒に住んでない家族とも3月半ばから会ってないし、
孫の姿もムービーで見るだけ。

3月末から電車にも乗ってない。

阿倍野も天王寺も、難波も梅田も行ってない。

近所のスーパーとかコンビニも行く回数が激減した。

外食もまったくしてない。

友だちとも会ってないし、
クライアントさんとも会えてない。

 

それら全部が俺にとっては“普通のこと”やったのにな。
ほんま“普通”に感謝しかない。

まとめというほどでもないまとめ

ありがたさを再確認できたり、
会えん人と繋がりを感じれたり、
自分自身と向き合う時間が増えたり、
家族との時間が増えたり、
家族それぞれが新しい趣味を見つけたり、
食べれることへの感謝、
寝れることへの感謝、
すべてのことに感謝、
すべての人に感謝(感謝に値せん奴もおるけど、笑)、
人間のええとこと悪いところが見えてきたのもあるけど、
厳しくて苦しくて辛い自粛生活の中で新たな発見があった。

言い方が悪いかもしれんけど、
自粛生活で考え方と価値観が大きく変わった。

一部の奴は除外するとして、みんなもそうやと思うわ。

出口の見えん長い自粛生活の中で気づいたこと。

 

これぐらいの“話し言葉”やったら誰にでも通じるんかな?
わからん大阪弁があったら教えてな。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty