ただただ私が思ったことを書き連ねます

『ところどころに追記をしていってます』

クライアントさんや読者の方からすると、どうもreriotyは“掴みどころがない”らしい。

もともと私は人からどう思われているか?ってことを気にしないんですけど、今日の記事『ただただ私が思ったことを書き連ねます』で少しでもreriotyのことがわかっていただけると嬉しく思います。

少し前のよく似た記事が下のリンクカードからご覧いただけますので興味がある方は読んでみてください。

私の日常を書きます

4月 10, 2020

言いたいことも、思うところも山ほどあると思います

4月 23, 2020

あと、『プロフィール』にも書いてますし、『cocoro-styleとは』にも書いてますので、そちらも併せて読んでいただけるかと。

あ…「興味がない」という方は読み飛ばしてくださいね。

書き連ねてみます

とにもかくにも、「掴みどころがない」とよく言われます。

あと多いのが、「どことなくreriotyさんは生き急いでますよね?」とか、「どうしてそんなに『時間、時間』って言うの?」とか、「自分をあまり大切にしてないですよね」とか、「自分を粗末にしてるのに誰かを大切にできるんですか?」「reriotyさんは誰にでも、そして自分にも厳しそう」「本当にストイックなんですか?」「ブログの文章が硬く、内容も難しいのかな?と思ってしまう」とかとか。

なんか書いてて悲しくなってくる言葉が多いです、笑。

 

けど、実際のところ『生き急いではいない』し、『自分を大切にしてないことはない』し、『自分のことも、他の誰かも大切にしてます』と声を大にして言えます。
まあ、『時間、時間』『時間を無駄にするな』とはよく言います。それは口癖でもあります。

 

『生き急いではいない』
『自分を大切にしてないことはない』
『自分のことも、他の誰かも大切にしてます』
『時間、時間』『時間を無駄にするな』
それぞれを詳しく説明します。

生き急いではいない

誰かに言われると、私は“来世/来来世/来世以降”という言い方をよくするので『そう受け取れるかもな』と思い当たる節はあります。
昨日のSNSにも書いたんですが、大事な治療を“今を思う気持ち”が強いが故に後回しにすることがよくあります。本当は、この件に関しては、後回しではなく『新型コロナウイルスに感染したくない』という気持ちと、『家族や友人、周りの人にコロナを移したくない』という気持ちで、コロナウイルス感染拡大防止の精神もあり3蜜を避けようとする生き物が持つ“防衛本能”と“生存本能”の一種だと思ってるんです。

 

話しを戻しますが、“来世/来来世/来世以降”という言い回しは、別にこの世に未練がないわけではなく、この世界から争いをなくし、この世界に平和を取り戻そうという目的を達成するにはどうしても一朝一夕にはいかなく、長きにわたる活動が必要不可欠になります。
どれだけ短期間で転生を繰り返したとしても200年から300年はかかると思ってます。低波動の人は転生までに平均200年かかりますから、少しずつですけど常に私自身の波動を上昇させるため細心の注意をはらってます。
「意識体には時間も距離も関係ない」と言われてますが、そうなるとパラレルワールドの話しになってしまい話しが長くなるので書きたくないんですが、『今の時間軸で争いをなくし平和を取り戻す』ということが大前提なんです。

ですから、まとめになるかわかりませんけど、そういう理由から『生き急いではいない』となります。

自分を大切にしてないことはない

これは次にある『自分のことも、他の誰かも大切にしてます』と深く関わることですので一括りで説明します。

まず言えることは、『私は自分自身のことが大好きです』
もっと言うと、自分のことを無条件で信じてますし、無条件で愛してもいます。

私には“他の誰かは私と同一”という考え方が幼い頃からあって、昔の私を知る友人からは「は?どの口で言ってる?笑」となるかもですけど、誰かを蔑んだり、誰かを羨んだり、誰かを虐めたり、誰かを傷つけたりということが嫌いです。もちろんクライアントさんが好転するためのアドバイスをするうえで厳しく接することはありますが、それも愛の形ではないかと思ってます。

そもそも人は自由に生きていいし、個性もあっていいし、それは尊重することだと思ってます。
かといって、リベラル的な思想はありません。この世のみんなが“自由主義という大義”を笠に着だすと平和を取り戻すどころではなくなり、逆に争いが尽きることはないでしょうからね。

まとめになりますけど、まず自分自身を大切にしないと自分以外の誰かを大切にすることは不可能だと思ってます。
口で愛云々を語るのは簡単ですし聞こえもいいですよね。
しかし実際は、愛の“あ”が何か?すらも理解せずに“愛”を語ってる人がホントに多くて少し残念に思います。
ですから私は、自分を粗末に扱うどころか、ある意味“真綿”でくるんでるといっても言い過ぎではないかもしれません。

『時間、時間』『時間を無駄にするな』

『時間、時間』『時間を無駄にするな』これはすごくわかりやすいです。

過ぎ去った時間は1秒たりとも取り戻すことができませんよね。
時間は“今この一瞬”の積み重ねですから、“今“という一瞬一瞬を大切にできない人は結果として大きな時間を無駄にしてしまう傾向が強くあります。

記憶の中で過去に行くことはできますが、未来への記憶はありません。
肉体は未来に行くことしかできませんが、過去には行けません。
それは理屈では理解し易い簡単なこの世の仕組みですけど、本当の意味でそれを理解することは本質や真理に通じることで、非常に理解し難いことでもあります。小難しく遠回しに言っているわけではありません。

その大切な時間の“今この一瞬”を少しでも理解して欲しいという思いがあり、不本意ではありますが1往復のLINEとメールによる相談に1000円もの大きなお金をいただいてます。

まとめになりますけど、時間、自分自身と他の誰か、生きる、健康、精神には最大の執着をしています。
精神なんて、“精”の“神”ですからね。意味は調べてみてください。深いですよ。

「お金や仕事や物は?」
『あってもなくてもどうでもいいです』
使い道は決まってませんけど、“特別定額給付金”やアベノマスクはいただきますよ。

厳しくもあり優しくもある。そしてストイック

「reriotyさんは誰にでも、そして自分にも厳しそう」
「本当にストイックなんですか?」
似たご意見をいただきましたのでこちらも一括りで説明します。

“人に厳しく、自分に甘い人”
“人に優しく、自分に厳しい人”
“人に優しく、自分にも甘い人”
“人に厳しく、自分にも厳しい人”
上の4つのタイプの先生がいるとしたら、どのタイプの先生に教わりたいと思いますか?

私は迷わず4番目の“人に厳しく、自分にも厳しい人”を選びます。

4番目を選ぶ理由は、甘くされるとそれに付け上がりそうだからです。
それと、私の経験則では、厳しい人ほど真の優しさを知ってることが多いからです。
人にも自分にも優しい/甘い人とは付き合いやすく一緒にいて居心地はいいでしょうけど、その人から学べることは決して多くはなく、いざ窮地に立たされたとき何をどうすればいいか?わからなくなり右往左往してしまいかねません。

優しさ/甘さだけで教育を受けるということは、真綿でくるまれていたり、温室育ちの野菜だったり、心地いいぬるま湯につかっているのと同じで、いざ社会に出て世間の荒波が押し寄せてきたとき、優しさと甘さの中だけで育てられた人と、厳しさの中で育てられた人とでは、その対処の違いが歴然としてます。

私が言いたいのは、どれだけ過酷な状況に置かれても、地のどん底に落ちたとしても、そこから脱出するだけのスキルを身につけて欲しいんです。
相手の将来を1番に想い、“厳しさという優しさ”をもって接していくことが最善の策だと思ってるからです。

“reriotyの厳しさの中にある優しさ”そこに気づいていただければ嬉しいです。

 

そして、私は“超”がつくほどのストイックです。
自分に甘えない、言い訳をしない、できない理由を先に探さない、決めたことは成し遂げるまで諦めない、有言実行/不言実行、断食と絶食、24時間の集中内観などなど。

心のどこかでは、甘えたい、楽をしたい、言い訳して問題が解決するなら言い訳したい、できない理由を探してせずに済むならそれに越したことはない、決めたことが中途半端で終わっても気にしたくない、有言不実行/不言不実行、苦しいことはしたくない、なるべく面倒なことは避けたい、現実逃避したいなどなど、と思うこともあります。
それで人は成長するでしょうか?
それで魂や心が成長するでしょうか?

恐らく成長するどころか、堕落して終わるでしょうね。

堕落したくない。日々、成長したい。という思いが強いので、私はあえてストイックな道、茨の道を選んでるわけです。

文章が硬いのも、内容が難しいのも認めます

私のブログは、“です。ます。”調で書くことが多く、確かに文章も内容も硬いと思ってます。
記事の内容が難しいこともあって、内容が硬く感じることもあると思いますが、そこは寛容な心で読んでいただければ嬉しいです。
個人的なプライベートを書いてるブログだったらフランクな“話し言葉”で書けるんですけど、このブログの向こうにはクライアントさんがいたり、読んでくださってる方々もいらっしゃいます。するとどうしても、硬くなってしまうんです。

クライアントさんと話したりLINEをする場合は『〇〇さん/〇〇ちゃん、そうじゃなくて俺が言いたいのは〜』って感じで友だち感覚です。
カウンセリング、電話やLINEのように1対1のときと、私のブログを読んでくださってる大勢の方に向けて何かを伝えようとなると、『今日の記事も硬いよな』と思いながらもついつい“です。ます。”調になってしまうんです。

それが原因で、新規のクライアントさんがはじめてのカウンセリングを受けられるとき、私との間に妙な壁を作って来られることがごくたまにあります。

近いうちにプライベートな記事をアップします。
そしてその記事は“話し言葉”で書いていきます。ただし、プライベート記事に限定させてください、笑。
ただ、大阪弁が通じるかが不安なところではあります。

他の書き連ね

その他の書き連ねは、SNSと批判家と転売ヤーのことです。

まずSNSから

昨日の話しなんですが、ある“友”とLINEで話したんです。

話しの内容は、SNSにおけるリア友からの“イイね”と“コメント”に関することです。

私自身の解釈ですけど、リア友からのイイねとかコメ…はっきり言って邪魔でしかありません。
100歩譲って、それが「オレ/ワタシは生きてるよ、元気にしてるよ」といった“生存確認”の表現方法の1つだとしても、そんなのは投稿のあるなしでわかるし、投稿がないとしても『SNSに疲れたのかな』ってぐらいの程度のことであって、もし仮にこの世に生存しなくなったとしても、その人の波動を探ればすぐにわかることですからね。

普通のリア友からの“イイね”は気にならないんですけど、“魂友”からのそれは本当に要らない。イイねがあると少しショックな気持ちになります。
『そろそろブロックしよかな、笑』ってぐらいの勢いです。
投稿するのも内容を考えてからアップしなければならなくなり、面倒の極みです。

ショックな気持ちは、イイねすることで繋がりがあることを確認したいのか私には知る由もありませんし、そのイイねの理由を知りたいって気にもなりませんけど、SNS上で繋がりを確認するまでもないと思いませんか?リア友ですよ?
SNS上の付き合いって浅いというか、薄っぺらいというか。

本当に繋がりが深く、決して目には見えない何かで繋がっている人は、元気で過ごしているのが伝わってくるだけで私も元気になれるし、元気がないのが伝わってくると少しでも元気付けたく思いますし、一緒に落ち込もうと思います。

その一連の想いを“友”に言ったところ、その“友”も私と同じ想いを抱いてました。それだけで万事解決です。
繋がりが深ければ深いほど、そこに会話は要らないですよね。

『ただただ元気でいてくれれば他に望むものはない』
『その人が誰とどこにいようが幸せならばそれでいい』
それが本当の愛の形だと思いませんか?私は思います。

次に批判家

これは、“新型コロナウイルス”でのことです。


対策が遅すぎたり、「自粛と補償はセット」と言われていても補償の話しをしなかったり。緊急事態宣言が5月末前後を目処に延長されそうですが、具体的な補償の話しはまだ明かされてませんけど、追加の補償がなされないまま自粛要請というお願いばかりをされても国民は従わないでしょう。
そして自らのおもいで自粛をやめ、外に出るようになり感染が広がるのは目に見えてます。

異物混入など使えないマスクを配布するのに400億円を越す予算が組まれたり、挙句にはその発注先がグレーな企業だったり予算と実際の支出が合わなかったり批判されても仕方ない部分は大いにあります。
日本政府は官僚主導なので表に立っている政治家だけを批判しても、と思ってますけど。

それと、ある著名人やタレントによる評論家ぶった、政治批判や政府批判。
批判をするなら同じ土俵に立ってから、と思ってます。ただの売名行為なのかもしれませんし、何も考えてないのかもしれません。しかし、叩かれるとすぐに謝罪したり、ご飯理論の如く論点をずらしたり、見てて笑ってしまいます。失笑の“笑”です。

“自粛警察”なる言葉をよく耳にするようになりましたけど、自粛要請が出されているにも関わらず未だに営業を続けている店には、その店主にしかわからない事情があると思いたいです。しかし、“自称、自粛警察官”を気取ってる人はその事情を思いやることもせず、その店主/店舗を非難しようとする。しかも誰も見ていないところで店のシャッターに貼り紙するとか、姑息で汚いやり方で。

自粛要請が出されてるにも関わらず営業を続けている店も自粛警察も、何のために出された自粛要請か?ということを考えれば自ずと答えが出ると思うんですけどね。

今は批判し合ったり、誹謗中傷をしてる場合じゃないと思います。
小さな小さなコロナウイルスが引き金になって、大きな大きなものをかけて皆が必死で戦ってるんです。
コロナ感染患者を受け入れている病院の医療従事者の皆さまには脱帽です。

先日、「わたしが医療従事者だったらどうする?」と奥さんに聞かれました。
「医療従事者じゃないにしても、スーパーとかコンビニでバイトしてたらどうする」とも聞かれました。

私は考える間もなく「今すぐ辞めてもらう」と答えました。
私は無責任ですか?私は過酷な現実から逃げてますか?
無責任でもないし、逃げてもいません。

これは、あくまでも“たられば”の話しですから、実際、奥さんが医療従事者だったら考えも違ってくるかもしれませんけど、奥さん自身と家族、そして奥さんの友だちと近所の人の命と健康を守るためです。
それが正解なのか間違いなのかはわかりません。

というか、『実際にないことでいくら答えを求められても困る』ってのが本音です。私が嫌いな“もしもシリーズ”です。

 

「これはreriotyによる批判じゃないのか?」という意見もあるでしょう。
何かがキッカケでこの記事が炎上する可能性もゼロではありません。
しかし、炎上したときは動く覚悟をもって書きました。

転売ヤーども

小銭を稼ぎたい気持ちは理解できる。

個人的には、趣味の物とか嗜好品なんかはどれだけ転売してもええと思ってる。

 

けどな、ちょっと前なら手に入らんかったマスク、デマで品薄になった紙製品、最近では体温計、ホットケーキとかお菓子作りの材料かな。

そんなの転売するなよ。

小さな子どもが居てる家族から楽しみを奪うなよ。

ほんまモラルのカケラもないな。

まとめ

reriotyのことがわかっていただけましたでしょうか?
ほんの少しだけでも本当のreriotyのことがわかっていただければ最高に嬉しいです。

私にとって大切なものは何があっても守り抜く。
私にとって大切な人たちは命にかえて守り抜く。

男気?
そんな綺麗なものではありません。

自分が好きで好きでたまらない 自分を愛してやまない、ブレることのないポリシーと軸を持っている。
ただそれだけのことです。

気づけば外が明るくなってきてました。
そしてこの記事、追記で7000文字を超えました。

 

その他のカウンセリング
・インチャイ(インナーチャイルド)の解放。
・波動調整や波動リーディングを含む波動全般に関する事柄。
・人間関係の修復と改善。
・瞑想と内観の方法。
・人生を楽しく生きる方法。
・幸せを感じながら生きる方法。
その他、お金に関する相談、健康に関する相談、エネルギーアチューンメントなど、私が内観で知った真実をもとに私なりの方法でクライアントさんに寄り添うカウンセリングを行ってます。

なお、新型コロナウイルスで不安を抱えていらっしゃる方を対象に無料相談を承っておりますので遠慮なくお問い合わせください。
下のリンクから当該の記事をご覧いただけます。

緊急告知です

3月 31, 2020

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty