ステージアップは過去を振り返ることから始まる

『ステージアップ(ステップアップ)をしようと思うのであれば、過去を振り返ることが糧になる』というものです。

振り返りを次へのステップアップに活かす

ただ漠然と「今年はあまりいい年じゃなかったなぁ」と思っていると、来年の末に同じ思いをすることになってしまいます。

ここで大切なことは、「いつ、何が、どうだったのか」という自分自身への問いかけです。

「なぜ、いい年じゃなかったのか?」
「どうしたかったのか?」

「何が足りなかったのか?」
「足りなかったことを補うには何が必要か?」などなど。
このことを精査し考察していけば来年の末に同じ思いをすることはなくなります。

ここが大事
主観的ではなく客観的に自分を見つめ直すことが重要

自分を客観視できる人は成長するのが早いです。

過去を活かし、今を生き、未来に備える

成長を望むのであれば、過去の体験をフル活用し、それを今に用い、未来に備えることが大切です。
過去の体験をフル活用とは、過去を思い出しいつまでもウジウジすることではありません。

私たち人間は、多くを過去から学ぶ生き物

過去の体験を今と未来に活かすことができるのも人間に与えられた特権の1つです。
俗にいう生き物の進化とは異なります。

何にでも必ずヒントは隠されている

面白くないと思う映画。
つまらない、くだらないと思えるような本。
なんの得にもならなさそうな(損得ではありません)知り合いとの会話。
何もできないぐらい疲れてぐったりしているとき。

どんなことにも必ず生きていくためのヒントがあります。
アンテナを張りめぐらしていると(注意を払っていると)周りがヒントの山だったことに気づきます。

面白くない映画も、つまらない本も、知り合いとの会話も、疲れているときも、眠たいときも、どこかに必ずヒントが隠されています。
これは私が実際に経験(体験)したことですので、間違いはありません。

ぼぉっとやり過ごすか、注意深くヒントを探すかだけで自分の未来は大きく変わります。

最後のまとめ

今回は過去の振り返りでしたが、これは日々の振り返りにも使える術です。
そして内観が苦手な人には、内観へのステップにもなります。

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty