「夢を叶えたい」とよく聞くけど、そのために何を手放してるか?

「夢を叶えたいんです!」というフレーズ。

ハッキリ言って、“耳タコ”ができそう。

「夢を叶えたい」『そうですか…』

友だちと話してても、クライアントと話してても、ことあるごとに「夢を叶えたい」とか「夢を叶えるにはどうすればいいですか?」って聞かれることがよくある。

夢を叶えるには、夢と比例する“何か”を手放すしかない。

比例する“何か”には色いろある。

時間とかお金ってのは誰でも手放せる簡単なもの。
その対価の夢が叶ったところでたかが知れてる。

というか、夢を叶えるためには、時間とお金を投資するのは当然とも言える。

 

じゃあ、何を手放せばいいのか?

 

手放すのが1番難しいのは、しがらみ。

この“しがらみ”を捨てるのはほんま辛い。

生まれ育った土地を手放す。
土地を売るんじゃないで。

生まれ育ったところをあとにして、人の多い海外や地域に引っ越す。
今まで育ててくれた親元を離れ、ひとり暮らしをする。

難しいし辛いよな。

 

2番目に難しいのは、プライド。

この“プライド”、夢が叶わんようになる。

今までの自分を否定していくことになる。
プライドを手放すのって、自分が自分じゃなくなることやからな。

 

3番目が、仕事。

“仕事”があると、とりあえず生活に困ることがないし、リスクを背負ってまで夢を追いかけるのが怖くなるねん。
さらに、この“仕事”が怖いのは、仕事があるから夢を追う時間が限られてくるってこと。

 

じゃあ、夢は諦めようかな…、ってなる。

それはそれでええと思うよ。

俺の夢ちゃうし。

諦めるような夢は最初から叶わんしな。

 

一生を左右するほどの夢を叶えようとするなら、一生を左右するほどのものを手放すしかないねん。

これ、わかってない人が多すぎる。

わかってないのに「夢を叶えたい」って簡単に言うなよ。

 

何かを手放す覚悟もないのに「夢を叶えたい」って言われても、『そうですか…』としか答えようがない。

まとめ

夢と引き換えに何を手放せるか?

もう1回書いとく。

『一生を左右するほどの夢を叶えようとするなら、一生を左右するほどのものを手放すしかない』

 

長くなりましたが、いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
ご質問、ご意見はこちらのコンタクトフォームからお願いします。
rerioty